ユーザーズサイト

menu

水産物

帆立

最終更新日 2021.10.06

  1. フードプロセッサーにボイルされた帆立を50g量りとります
  2. 200gの純水を加えます(重量5倍希釈)
  3. フードプロセッサーで1分間撹拌します
  4. 遠心分離(3000rpm、10分間)を行います
  5. 水層部を測定用サンプルとします
    <注意>水産物は予め加熱処理を行った方がセンサーへの負荷が軽減できます。生での評価が必要でなければ予め加熱することをおすすめします。
    <注意>貝柱と貝ヒモでは味が異なるため測定目的に応じて適宜サンプリングしてください。
うま味先味評価問題
該当します
前処理希釈倍率(サンプルに対して)
5倍
線形が取れる範囲(前処理溶液に対して)
16~64倍
線形の中央値(前処理溶液に対して
32倍

前ページへ戻る