ユーザーズサイト

menu

調味料

マーガリン

最終更新日 2021.10.06

<有塩のもの:純水で希釈>

  1. フードプロセッサーにマーガリンを30g量りとります
  2. 60℃に保温した120gの純水を加えます(重量5倍希釈)
  3. フードプロセッサーで1分間撹拌します
  4. 水冷後、遠心分離(3000rpm、10分間)を行います
  5. 水層部を測定用サンプルとします

<無塩のもの:1/3基準液で希釈>

    1. ビーカーに無塩マーガリンを60g量りとります
    2. 60℃に保温した140gの純水を加えます
    3. ハンドミキサーで1分間撹拌します
    4. 水冷後、遠心分離(3000rpm、10分間)を行います
    5. 採取した水層部の半量の基準液を加えます(最終的なサンプル溶液としては、1/3基準液で希釈したことになります)
    6. 撹拌した溶液を測定用サンプルとします

※無塩マーガリンの前処理では、純水抽出後に油脂を除去した溶液をさらに基準液で希釈しているため、明確な希釈倍率が提示できません。

<注意>1/3基準液でベースアップをしているため、容器設置板サンプルA位置に1/3基準液を置いて測定を行い、解析時にベースアップ分を差し引くという流れになります。解析については、ベースアップした場合の解析フローチャート(TS-5000Z IE)をご参照ください

うま味先味評価問題
該当しません
補足事項
<注意>うま味先味評価問題のデータシートは、有塩のものの情報です

前ページへ戻る