ユーザーズサイト

menu

調味料

味噌

最終更新日 2021.10.07

  1. ビーカーに味噌を15g量りとります
  2. 90℃に保温した135gの純水を加えます(重量10倍希釈)
  3. ガラス棒でよく攪拌します
  4. 紙茶こしでろ過します
    <注意>目詰まりがあり、ろ過に時間がかかる場合にはステンレスの茶こしでろ過します
  5. 水冷後、測定用サンプルとします
    <注意>塩分濃度が極端に異なる味噌の評価は希釈倍率を考慮する必要がありますので、その際にはパッケージにある調理方法などを参考にしながら前処理を行ってください
うま味先味評価問題
該当します
前処理希釈倍率(サンプルに対して)
10倍
線形が取れる範囲(前処理溶液に対して)
32~128倍
線形の中央値(前処理溶液に対して)
64倍

前ページへ戻る