ユーザーズサイト

menu

サンプル測定医薬品前処理食品前処理

ベースアップとはなんですか。

最終更新日 2021.07.12

味覚センサーでの測定時には、電気を通すためのある程度の“塩”が必要です 。 粉末試薬やみりんなど導電率が低いものを測定する場合には、10mM KClなどのように、ある程度導電率が保たれた溶液を溶媒としてサンプルを調製することで安定して測定できるようになります。弊社では、このようなサンプル調製方法のことをベースアップと称しています。

詳しくは味認識装置ユーザーズガイドおよび 前処理検索サイト「◆調製水として純水以外の溶液を希釈液とする前処理もあります。」 をご参照ください。

 

資料:味認識装置活用ユーザーズガイド_CAT.No A1101003_.pdf

前ページへ戻る