menu

医薬品-前処理食品-前処理

塩味物質があまり含まれていないサンプル(導電率が低いサンプル)を測定するときはどうしたらいいですか。

最終更新日 2022.06.13

味覚センサーでの測定には、電気を通すためのある程度の“塩”が必要です 。
目安として、前処理を行ったサンプル溶液の導電率をご確認ください。
導電率が1mS/cm以上ある場合にはそのまま測定可能です。(0.4~1mS/cmでも実績があります。)

極めて導電率が低いものを測定する場合には、10mM KCl溶液などのように、ある程度導電率が保たれた溶液を溶媒としてサンプルを調製することで安定して測定できるようにすることがあります。(ベースアップ
ただし、ミネラルウォーターはベースアップを行わず、そのまま測定を実施します。
詳しくは以下の資料をご参照ください。

資料:純水以外の溶液を溶媒とする場合の測定方法

前ページへ戻る