ユーザーズサイト

menu

惣菜

餃子

最終更新日 2021.09.29

<フードプロセッサーを使用する場合>

(具材のみ)

  1. フードプロセッサーに餃子の具を50g量りとります
  2. 40℃に保温した200gの純水を加えます(重量5倍希釈)
  3. フードプロセッサーで1分間撹拌します
  4. 水冷後、遠心分離(3000rpm、10分間)を行います
  5. 水層部を測定用サンプルとします

<ストマッカーを使用する場合>

(具材のみ)

  1. ストマッカー袋に餃子の具を70g量りとります
  2. 40℃に保温した280gの純水を加えます(重量5倍希釈)
  3. ストマッカーで30秒間ストマッキングします(5ストローク/秒)
  4. 水冷後、遠心分離(3000rpm、10分間)を行います
  5. 水層部を測定用サンプルとします

<皮を含む>

  1. ストマッカー袋に餃子を70g量りとります
  2. 40℃に保温した280gの純水を加えます(重量5倍希釈)
  3. ストマッカーで30秒間ストマッキングします(5ストローク/秒)
  4. 水冷後、遠心分離(3000rpm、10分間)を行います
  5. 水層部を測定用サンプルとします
うま味先味評価問題
該当します
補足事項
<注意>うま味先味評価問題の希釈中央値およびデータシートは、具材のみをフードプロセッサー処理した場合の情報です
前処理希釈倍率(サンプルに対して)
5倍
線形が取れる範囲(前処理溶液に対して)
8~64倍
線形の中央値(前処理溶液に対して)
20倍

データシート

餃子(中身)

前ページへ戻る