ユーザーズサイト

menu

サンプル測定食品測定

【食品】なぜ食品カテゴリーが大きく異なるサンプルを一度に測定してはいけないのですか。

最終更新日 2021.10.29

センサー出力は周回毎に少しずつ変動します(センサードリフト)。その値の変動は、先頭に置いたコントロールサンプルの値を元に補間加算、補間差分、補間変化率の補正処理の計算で補正されます。
センサードリフトは食品カテゴリーごとに似た傾向を示します。食品カテゴリーが大きく異なったサンプルを置くと、センサードリフトが異なるもので他のサンプルの値を補正することになります。その結果、 バラツキが大きくなる、サンプル間の差が見られなくなるなど、正しく補正されず評価に適さないデータとなる可能性があります。
そのため、一度に測定するサンプルは食品カテゴリーが同じものにしてください。

前ページへ戻る