ユーザーズサイト

menu

解析食品解析データ

官能評価でしょっぱくないサンプルを測定したところ、補間加算の結果から計算した塩味の値が-6以上(味がある)となりました。なぜですか。

最終更新日 2021.10.29

塩味を測定する味覚センサーのCT0は主として塩化物イオンに応答しますが、微弱ではあるものの一部の有機酸や有機酸塩などにも応答します。
そのため、しょっぱくないサンプル(塩化物イオンをほとんど含まないサンプル)を測定した際に、補間加算の結果から推定値計算した塩味の値が-6以上となった場合には、有機酸や有機酸塩などの応答の可能性が考えられます。
この場合には、味覚項目の表現を「塩味」でなく「濃厚さ」等の表現に変えることでより的確な味の表現となる場合があります。

前ページへ戻る