ユーザーズサイト

menu

解析食品解析データ

評価項目はどのように決めたらいいでしょうか。

最終更新日 2021.10.29

基本的には各味覚項目の補間加算の値が表の値よりも大きい、無味以上の味のある味覚項目を評価対象としてください。

ただし、酸味においては、補間加算の値が-13 未満であっても、官能検査では酸味が感じられるサンプルがあります。その場合には、酸味を評価対象としてください(例:コーヒーなど)。

前ページへ戻る