ユーザーズサイト

menu

サンプル測定食品前処理

【食品】サンプルを希釈しすぎるとどうなりますか。

最終更新日 2021.10.29

味覚センサーの応答は人間の閾値に合わせて設計しています。
サンプルを希釈しすぎると、以下の点が懸念されます。

・測定溶液が閾値以下の濃度になる
・サンプル間の差が見えにくくなる
・測定溶液の導電率が低くなることで、味覚センサーの応答が不安定になり、測定誤差が大きくなる

サンプルの希釈倍率を検討される際は、官能評価で十分に味を感じる濃度であることを目安の一つとしてください。
その他のポイントや導電率の目安などにつきましては、「前処理基本ポイント」の「Ⅱ)前処理のポイント」をご参照ください。

前ページへ戻る