ユーザーズサイト

menu

保守測定異常の検知

保守測定を行ったところ、基本特性分析にて異常が検知されました。このセンサーを使用してもいいでしょうか。

最終更新日 2021.11.04

保守測定の基本特性分析にて、異常が検知された場合には、基本的に味覚センサーの交換をお願いいたします。

保守測定は各味覚センサーの出力感度をチェックするための測定です。
弊社指定濃度の「塩味サンプル」、「旨味サンプル」、「酸味サンプル」、「苦味(+)サンプル」、「苦味(-)サンプル」、「渋味サンプル」の
全ての標準サンプルを測定し、基本特性分析を行うことで各味覚センサーが使用可能かどうかの判定を行います。

味覚センサーが劣化した場合の傾向として、応答すべき味物質へのセンサー出力が弱くなる場合もありますが、
それ以外にその味覚センサーが本来応答すべきではない味物質へ応答し始める場合もあります。
味覚センサーが本来応答すべき味物質以外に応答してしまうとその味覚センサーが応答すべき味物質への選択性が失われていることとなり、サンプルの味を正しく評価できない状態となりますので、味覚センサーの交換をお願いいたします。

前ページへ戻る