ユーザーズサイト

menu

サンプル測定食品前処理

【食品】農産物の味を評価する際に気をつけることはありますか。

最終更新日 2021.10.29

農産物や水産物などは個体差が大きい傾向があります。そのため、1つのサンプルに対し前処理をする個体数が少ないと、
測定結果の値の差が産地の差であるのか個体差であるのかわからなくなる可能性があります。
前処理を行う際は、1個体を処理するのではなく、複数の個体をフードプロセッサーなどで均一化してから前処理を行うか、
複数の個体から少しづつ採取して前処理を行うことをおすすめします。
また、その際には採取する部分による差をなるべくなくすため、前処理に使用する箇所に偏りがないようにご注意ください。

資料:緑茶測定事例

前ページへ戻る