ユーザーズサイト

menu

センサー・参照電極消耗品

味覚センサーを購入しました。内部液を充填したらすぐに測定に使用できますか。

最終更新日 2021.10.29

ご購入いただいた味覚センサーは乾燥状態でお届けしています。
乾燥状態の味覚センサーを測定に使用する場合には、事前に味覚センサーおよび参照電極を溶液に馴染ませ測定に適した状態にする、味覚センサーのプリコンディショニング(以下プリコン)が必要なため、すぐに測定ができません。

味覚センサーと参照電極は24時間以上プリコンしてから測定に使用してください。(GL1のプリコン時間は24時間以上96時間以下、BT0のプリコン時間は48時間以上72時間以下です。)プリコンの方法については資料をご参照ください。

納品日から一ヶ月以内の味覚センサーであれば、プリコン後そのまま測定に使用できます。納品日から一ヶ月以上経過している味覚センサーの場合には、プリコンの後、保守測定をおこないセンサーの出力感度に問題がないことをご確認の上、測定に使用してください。また、BT0、GL1はセンサーの特性上、納品日から一ヶ月以上経過している場合には、未使用であっても正しく測定できない可能性があるため、使用しないでください。

資料:味覚センサーと参照電極の保守

前ページへ戻る