ユーザーズサイト

menu

解析食品解析データ

補間加算と補間差分の違いが分かりません。どのように使い分ければいいでしょうか?

最終更新日 2021.10.29

補間加算はサンプルにどのような味があるかを判断するために使用します。
補間差分はコントロールサンプルを基準としたサンプル間の差を評価するために使用します。
補間加算の値は、センサーの特性上、測定毎に値が多少上下するため、評価に使用することはできません。一方で、補間差分の値である、サンプルの相対的な位置関係は同じになります。そのため、サンプル間の味の差の評価には原則補間加算で味があると判断された味項目の補間差分の値を使用してください。
解析の際の流れについては、関連pdfファイルをご参照ください。

資料:解析の流れ

前ページへ戻る